What'New Records

What'sNew Records Official Website

【2018.2.7発売】〈アルバム〉NOSTALGIA/森永哲則 トリオ featuring 竹内直with松本圭使 / GWNJ-2014

GWNJ2014_front_11

MOVIE

アルバム「NOSTALSIA」ダイジェストムービー

NOTE

「誰もが知っている曲を、誰も聴いた事がないアレンジで!

新進気鋭の若手ドラマー、森永哲則デビュー・アルバム

日頃のトリオでの活動は、ドラム、サックス(フルート)、ベースというコードレスの編成でおこなっていて、このアルバムでは、ピアノに若手天才ピアニスト松本圭使をゲストに迎えてアルバムに更なる厚みを持たせている。森永のドラミングは正確さはもちろん、変幻自在に変化するリズムパタンの中で心地よくスウイングし聴く者を圧倒する力を持っている。竹内直のサックスとフルートは正に一級品の出来映えで、竹内と森永による変拍子を多用した斬新なアレンジも魅力的である。森永が目指した「誰もが知っている曲を、誰も聴いた事がないアレンジでお届けするという」コンセプト。ドラマーがリーダーを務めるこのアルバムならではの魅力になっています。
2014_flyer_ol

曲目

1. Tombo In 7/4 Airto Moreira
2. コンドルは飛んで行く Daniel Alomia Robles
3. The Way You Look Tonight Jerome Kern
4. 竹田の子守唄 民謡 (Folk Song)
5. El Dia Que Me Quieras (想いの届く日) Carlos Gardel
6. Gingerbread Boy Jimmy Heath
7. Smile Charles Chaplin
8. あんたがたどこさ 民謡 (Folk Song)
9. Change The World Gordon Kennedy, Wayne Kirkpatrick, Tommy Sims

ARTIST

竹内直 / Nao Takeuchi (Tenor Sax, Flute / テナー・サックス、フルート)小澤基良 / Motoyoshi Ozawa (Bass / ベース)森永哲則 / Tetsunori Morinaga (Drums /ドラムス)
GUEST PLAYER
松本圭使 / Keishi Matsumoto (Piano / ピアノ)

PROFIE

森永哲則(もりなが てつのり)/Drums1982年生まれ、熊本県八代市出身。15歳でドラムを始め、高校入学と同時にハードコアに傾倒する。高校卒業と同時に上京。ドラマーとしてのスキルを磨 く為に、音楽専門学校メーザーハウスにて三砂和照氏・菅沼孝三氏に師事。様々な音楽スタイルの基礎を確立する。卒業後、ジャズドラマー小山太郎氏との出会 いがきっかけで、ジャズに開眼する。小山氏のアシスタントを経てプロ活動を開始。

プレイスタイルはジャズ を軸として様々なジャンルをこなす。

 小澤基良(おざわ もとよし)/Bass1981年2月5日生まれ。神奈川県横浜市出身。東京農業大学卒業後ジャズの道を志し友人の紹介で東京理科大学ジャズ研究会へ入部独学でジャズを勉強し数年後にプロ活動を開始。WOVEN NOTESのメンバーとしてニューヨークへの武者修行を経験し、本場アメリカの音楽や芸術に対して自然に接する感覚に感銘を受ける。

ごつくて温かい音色で空気をどっしりさせるようなベーシストを目指しながら都内や横浜で活動中。​

横浜でJAZZを身近に感じてもらうために、有志が集まり作った団体「YOKOHAMA JAZZ EGGS」の代表を務める。

 竹内直(たけうち なお)/Tenor Saxophone , Flute(Flute d’Amour)1977年、1986年と2度にわたって渡米。
ニューヨークでバイヤード・ランカスター(as)、スティーブ・グロスマン(ts)に師事。
デニス・チャールス(ds)、ウィリアム・パーカー(b)、
クラレンス・C・シャープ(as)
エレン・クリスティ(voらと共演。Jazz Center of NewYorkに自己のバンドで出演。   
1990年、エルビン・ジョーンズ(ds)ジャパニーズ・ジャズマシーンに参加。
フレディ・ハバード(tp)と共演。
1991年、ブラジルに渡りリオデジャネイロでルイザン・マイヤ(elb)と親交を深め、サンバやボサノバを吸収する。
1994年頃よりテナー・サックス(のちにバス・クラリネット、フルート)による無伴奏ソロ演奏をはじめる。
2002年、山下洋輔(p)ユニットのメンバーとしてヨーロッパ・ツアーを敢行。
2002年、来日したビル・クリントン前米国大統領の歓迎晩餐会でサキソフォビアのメンバーとして、メイン・ステー ジを務め、 クリントン氏から賞賛される。
2008年、セネガルに滞在し、世界的打楽器オーケストラのドゥ・ドゥ・ンジャイ・ファミリーと親交を深める。
2008年、天河神社に奉納演奏。
 
 おもな共演者はブラザー・ジャック・マグダフ(org)、デニス・チェンバース(ds)、ゲイリー・バーツ(as)、ジョージ・ガゾーン(ts)、ラビ・コルトレーン(ts)、エイブラハム・バートン(ts,as)、パット・ラバーバラ(ts)、ジョー・ラバーバラ(ds)、ジーン・ジャクソン(ds)、冨樫雅彦(ds)、板橋文夫(p)、佐藤允彦(p)、森山威男(ds)、辛島文夫(p)、吉沢元治(b)、高木元輝(ts)、峰厚介(ts)、酒井俊(vo)、伊藤君子(vo)、マリア・エバ(vo)、KANKAWA (org)ブン ・ブン・サテライツ、ROVO,DJ LOGIC、等
 Guest 松本圭使(まつもと けいし)/Piano鹿児島出身。幼少よりクラシックピアノを始め、18歳よりピアニストとして音楽活動を開始するも、ジャズピアノの研鑽を積むためNYへ留学。
現在、自己のリーダートリオをはじめ、様々なグループで鹿児島を拠点に全国的に演奏活動を展開している。
これまでリーダートリオとして1st ALBUM「The Other Side Of It」、2nd ALBUM「LIFE ABOVE DEE」を全国リリースしているほか、
2014年にはボーカルとのデュオ「11-eleven」を発売。
CM音楽制作、肥薩おれんじ鉄道「観光列車おれんじ食堂」音楽プロデュースなど、活動は多岐にわたる。

DATA

Produced by Nao Takeuchi and Tetsunori MorinagaEngineered by Keiichi SatoRecorded at GROOVE Studio     September 26, 27 2017 Mastering : Keiichi SatoPhotos : Ken SaimyojiDesign : Takamu Watanuki
録音:2017年9月26日, 27日 GROOVE STUDIO2018年2月7日 発売¥3.000(税込み)¥2.778(税抜き)製品番号 GWNJ-2014POS 4523177820142